Title:雲を掴む様な話より-不確かな暗雲に突き進む研究者、或いは迫夢の男-
/From the Vague Story-The man who bursts his way to uncertain dark clouds
(A Dream Chaser)
Size:30×20×60(cm)
Material:桂、鉛、皮、布、色鉛筆、アクリル、顔料、カシュー
/Katsura, Lead, Leather, Cloth, Coloring by Colored pencil, Acrylic paint, Pigment, Cashew

作家プロフィール

日原公大(ひはらこうだい)/ Hihara Kodai

00年00月。人は皆、無尽蔵の能力と力を持っていると教えられた。更 に、能力を発揮するには自ら考え、行動する意思と勇気が必要だと説かれ た。そして、不断の努力を続けることが望みを叶える秘訣だと付け加え た。この教えを実行すれば、楽しみ達成感が生まれ素晴らしい喜びの人生 が待っているのだと男は信じた。この教えは反論する余地がない程正しく 真実である。しかし男は大事なことを見失っている気がして悩み続けた。 定年を前にして、この事実のからくりに気が付いた時、雲を掴む様な話か ら逃れる方法を探る旅に出かける準備を始めた。

00/ 00/ 0000. He was taught that all humans have inexhaustible abilities and powers. Moreover, in order to demonstrate his ability, he was told to think on his own, and needs his will and courage to act. And also to continue doing his best is the key to make his wish come true. The man believed that if he carries out all of these things, it would result to his pleasure and a sense of fulfillment, and the wonderful life with joy would be waiting for him. There is nowhere to be against in this lesson; it is so right. However, the man felt like he was missing something important and kept worrying abou it. Right before reaching the retirement age, when he noticed the trick of the fact, he prepared for the trip to find out the way to escape from this vague story.
日原公大(ひはらこうだい)/ Hihara Kodai 日原公大(ひはらこうだい)/ Hihara Kodai
日原公大(ひはらこうだい)/ Hihara Kodai 日原公大(ひはらこうだい)/ Hihara Kodai

日原公大(Hihara Kodai)日原公大(Hihara Kodai)

作家プロフィール


略歴

1972 東京芸術大学大学院美術学専修彫刻専攻修了
1973~1977 フランス政府給費留学
2010 イチョン市國際彫刻シンポジウム/韓国利川
第8回ヤホリナ国際彫刻シンポジウム/ボスニア
個展/大田原市
2011 美術館は動物園/小杉放庵記念日光美術館
2012 台湾芸術大学シューズサイズ展/国立台湾芸術大学(-2018年)
2013 ベストセレクション展/日本
アジア現代美術展/中国広州
2014 第1回アジア現代彫刻展/ソウル
高雄藝術博覧会/台湾
アジア彫刻未来展/韓国
2015 日韓交流展/ソウル
Art Kaohsiung Art Fair 高雄藝術博覧会/台湾
2016 ソノフェリーチェGC国際ワークショップ/韓国
2017 AABギャラリー展覧会/パリ・フランス
2018 第19回那須野が原国際芸術シンポジウム/大田原
台湾二紀展/台湾芸大
台北アートフェアー/台湾
第1回韓・日現代彫刻のビジョン展/韓国
二紀展/東京
栃木県文化校了者表彰/栃木県
2019 2回日・韓現代彫刻のビジョン展/大田原市
アジア木質芸術交流展/台湾
2020 第66回陶彫展/東京
日本当代名家彫刻展/台湾
2021 第7回ゲタ箱展・研究員展/大田原市